ブルーオーシャン医療カフェVol2.「胃ろうについて」

Description
終活コミュニティサロン「ブルーオーシャンカフェ」が提供する、医療をテーマにした対話型トークセッション。

岩手県盛岡市の「なないろのとびら診療所」を運営している町医者・松嶋大がお送りする、ここでしか聞けない終末期の医療に関するよもやま話。前半で、松嶋ドクターのお話を聴いた後は、参加者も一緒にテーマについて語り、医療についての理解を深めましょう。

ナビゲーターからのメッセージ:医者を身近に感じていただきたい。 医者を毛嫌いすることなく、一歩踏み出して、医者とともに歩んでほしい。 きっと、相性のある医者が身近にいれば、終活に伴う困難を越えられる助けになるはずなので。

第二回目のテーマは、「胃ろうについて」

皆さんは、「胃ろう」と聞くとどんなイメージをもっていますか?とくに、口からお食事がとれない高齢者への胃ろうについては、さまざまな意見があります。「胃ろう」について、世の中の人のイメージを変えるお話から、生き方や命について考えてみましょう。

<ナビゲーター紹介>
松嶋 大(まつしま だい)
岩手県盛岡市仙北町の「なないろのとびら診療所」を運営しています。
総合診療をベースに認知症診療と在宅医療に集中する、自称「患者バカ町医者」です。
町医者としての仕事のかたわら、いくつかの事業も展開しています。
通称「ことのはグループ」として、現在、グループ傘下には下記6事業があります。
●なないろのとびら診療所
●オークフィールド八幡平
●株式会社kotonoha Lab.
●株式会社ことのは医療研究所
●ことのはきっちん(株式会社ことのは医療研究所 運営)
●一般社団法人ことのは医療研究所
これだけ書くと、随分な起業家・企業家と思われがちですが、あくまで私は町医者です。
町医者だから、目の前の患者さんが第一。第一というか唯一。
その第一・唯一の患者さん個人の幸せを願って、世の中にないもの、足りないものを患者さんのために創造しているうちに、気づいたら6事業を展開していたという感じです。
どれほど経営者として忙しくなろうとも、私は、常に町医者でありつづると決めています。
何よりもまずは患者さんのそばに!

<イベント詳細>
日時:2020年7月16日(木)20:00~21:30
参加費:1,500円
参加条件:ZOOMにログインできる環境のある方
---------------------
■セミナーキャンセルポリシー
入金後お客様の都合によりキャンセルされた場合、いかなる理由によっても参加費の返金はいたしません。
台風などによる自然災害等不可抗力や当社都合による開催キャンセルにつきましては、参加費を全額返金いたします。
---------------------

<お申込み方法>
チケットを入手してイベントに参加しよう!
Thu Jul 16, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 15, 2020.

Organizer
BLUE OCEAN CAFE
156 Followers

[PR] Recommended information